読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すずめ日記

アメリカ田舎生活。いろいろあるよね。

若人

今回は、日本人留学生のお話です。

先日大学院の授業でアメリカにおける人種別の学力ランキングを調査しました。ダントツ、本当に突き抜けて一位はアジア系!クラスで唯一のアジア人として、とても気分が良かったのですが。さて、その『アジア系』の内訳というと。。。いない、日本人がいない。最近は海外に出る日本人が少ないとよく聞きますがそれは数字にも出ています。

見渡してみれば、広大な州立大のキャンパスの中に日本人の正式な(短期等でない)学生は私を含めてたった二人。

先日、その貴重な相方君から嬉しいお知らせが来たんです。日本の某大学から日本人学生が15人来るらしい、と。しかも大学が彼らの勉強の個人指導をできる人を捜している、ということで早速『やります!』と志願したところあっさり採用になりました。

相方君(20代後半)によると、『ワッカイですよ。とにかく。ほとんど女の子で、みんなきゃぴきゃぴと元気で、何かやられました』そうで、そんな、20代でそうだったら40の私はどうなっちゃうんだろうとやや不安を抱えた初日。

大学の方から頼まれて、日本語で連絡事項を伝えたあとに始まったセッションでは英語のみ。私が担当になった二人のお肌ぴちぴち、髪の毛つやつやの女の子達は『この人、なんなの?!なに人??』と多少戸惑っていたものの、にこやかに挨拶をしてくれました。一週間前についたばかりで、それでももう日本食が恋しいですという二人。そうかそうか、と早速セッションを始めました。

二人はそれぞれとっているクラスから出ている宿題を持って来ていて、それに取り組むのですがその宿題が難しい!!二人のうち一人はあんまり英語もできないみたいで、宿題になっているビデオを前に、氷のように固まっています。『ええと、何か聞き取れたかな?』と聞いてみると7分前後のビデオの中から本の数語だけ。しかも本題と全く関係ない言葉ばかり。自分より、自分の娘との方がよっぽど年の近いその子を見ながら大丈夫だろうか、とかなり心配に。

それでも、必死に何回も何回もビデオを見続ける様子を見ていたら何だか感無量になってしまいました。この子は、きっとすごい勇気を振り絞って居心地のいい家や友達を残してここに来たんだろうなーと思ったら(いや、実際は違うかもしれないのですが)何だかジーンとしてしまいました。

これから8月まで、頑張れ!