読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すずめ日記

アメリカ田舎生活。いろいろあるよね。

なんで生きてるんだろう、と思うとき。

独身生活

今回は深くて浅いお話です。

人間40年生きてくるといろいろなことを経験します。夜眠りに落ちる時『どうかこのまま目が覚めませんように』と願ってしまうようなことだってあります。でもそんなこんなを乗り越えて今日も心臓が規則正しく動いてきちんと呼吸して生きている、でもそれってどうしてなの?と思うこと、ないですか?『生かされている意義』っていうか。

スピリチュアルな話がけっこう好きでそう言う本をよく読むのですが、多くの人が『この世に生きているのには何らかの目的がある』って言いますよね?又は、魂がこの世に生まれてくる時に『今回の人生ではこれをしよう』と決めて来るとか。その真相は分からないのですが、最近思うのは私の人生の課題(の少なくとも一つ)は嫉妬心を克服することなんじゃないかなぁと言うこと。

嫉妬って思うに二種類ありますよね。一つは妬みと言ってもいい、誰か他の人が持っているものが羨ましくてしょうがない、という。もう一つは藁人形が活躍する、男女(いつも男女ではないかも知れませんけれど)間のあの強いて言葉にすれば心がちぎれるような恨めしいあの感情です。私はどちらも十分すぎるほど持っています。でも、今一番なんとかしたいのは藁人形系の感情です。

どうして私がそれを『人生の課題』だなんて大げさに捉えるかというと、その感情を発揮できるような状況や関係に陥ることが多いからです。こんだけ繰り返されるって言うことは何か大きな存在が『これでもかっ』と次々ハードルを設定しているに違いないと思うんです。

古くは結婚していた時、毎年必ずヨーロッパに仕事で滞在していた旦那さんが実は現地に彼女を作っていたんです。それはそれは苦しみましたがあまりに古いので詳しくは割愛します。で、一人になってから出会った(当時の私には)この世で一番素敵な男性には奥さんがいました。それを知りながら、経験者の友人の必死な説得等をものともせずに付き合ってしまった私。毎日毎日、その彼とやり取りをしている時間以外はまるで地獄のようでした。今から思うと王道まっしぐらの、彼の奥さんについてのネガティブなコメントにしがみついて、だったら私の方が何倍もいいじゃない、きっといつか。とあり得ない未来を追いかける日々。あぁ、お馬鹿さんと思うのですが、こればっかりは自分で経験しないと理解できないことでした。

で、晴れて離婚歴ありという以外何のしがらみのない今の彼と出会い付き合い始めた私。それでも、ただでポンッと幸せをくれない「何か大きな存在」が。まず私達は遠距離恋愛です。そして彼は一度目の結婚からのあまりの痛手で、もう二度と結婚はしたくない、と。それだけならまだ理解できるのですが、20年間虐げられた日々を取り戻すために自分はいつでも自由でいたいというのです。その『自由』の中には異性関係も含まれます。要するに何かの弾みで誰かと一晩過ごしても、それで私に対して罪悪感を感じるような関係はいやだと。それってただの男のわがままでは?!と強烈に思うものの、その点以外では何も申し分のない彼。(そして現時点では私達の関係も少しずつ進展し、実際そのような事態は起きていません。)この性格で、この状況で付き合って行くのは、とっても大変なことなんです。例えば、女友達。私より10年長く生きている彼には、当然のように女の友達もいます。私にも友達として気の合う男性はいます。でも、なかなか会えない彼の口から『今日はあの子がちょっと寄ってくれて』なんて言う話が聞こえてこようものなら、あっという間に不機嫌になり、電話は感じ悪く切るわ、それから悶々と考えて『その人のほうがいいんじゃないの』なんて思ってもいないEメールは送りつけるわ、挙げ句の果てはEメールの返事が来ないことにやきもきして『話したいんだけど』ってテキストして、その返事が3分以内に来ないことに逆上する、というもう手のつけられない事態に。

または、金曜日の夜、子供達に付き合ってちっとも面白くない子供映画を見ている時に『今、飲んでるんだよ』って言うテキストがきたら。頭の中には彼がバーにいて、そこに恐ろしくスタイルがよくて美人なのに、頭も性格もいい素敵な女性が現れる様子がくっきりはっきり浮かぶんです。動悸までして、『これはもう間違いない』と映画そっちのけで妄想し続ける地獄の2時間。

どちらの時も実際はなんと言うことはなく、彼の女友達は私に会いたいと言ってくれて日本語で自己紹介ができるように練習してくれてたり、彼は家で一人でビールを飲んでるだけだったり、なので自分の脳みそで自分を苦しめているだけなんです。これって、とっても疲れます。そして恐らく彼のことも疲れさせています。

これだけ、嫉妬する要素の多い人間関係が続くというのは何か意味があるのでは?と考えるのと同時に、この嫉妬心がなくなったら私の幸せ度がもっと上がるのでは、とも思うんです。嫉妬=執着と言うのは恐らく正しいと思います。でも、どうやったら心から愛する人に『執着』しないで、それでも愛せるようになるんでしょうねぇ。確かに自分の子供は執着しないで愛していますが、それとこれとは大違いだし。等々考え込んでいるものの返事のでない今日この頃です。